土地買取における土地の種類 - 土地買取における土地の種類

土地買取における土地の種類

一言で土地といっても種類があります。法律で「田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、 運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地、学校用地、鉄道用地」の23種類が定められてます。 思いの他たくさんの種類がありますね。私達が良く見聞きする地目(土地の種類の事)は田、畑は別々なんですね。ため池も地目ですか。 宅地、山林、墓地、雑種地くらいですか?他にも知識が有る方も居られと思います。鉄道用地、学校用地もなるほどと感じました。 だけど一般的に生活に直結した土地と言えば宅地、山林、雑種地、田畑と思われます。

 

最近良く目にしますが、山が崩され気が付けばそこが団地と化してだんだん緑が少なくなり少し寂しい様なこれで良いのか?と思う今日この頃です。 日本人人口は前年に比べ20万2千人(0.16%)と大きく減少しているこの時代に何故にマンションはどんどん建てられ、 どこかの会社が土地買取し山林を宅地に変更して戸建の団地を造成し続けるのでしょうか?日本の住宅事情は大幅に余剰。 このまま行けば2040年には空き家率が43パーセントになるとの予測もある。山を崩し酸素を放出し二酸化炭素緑を吸収する緑を無くし、 異常気象の現在を健やかに生き抜く事が出来るのでしょうか。

 

【特選リンク】
車の買い替えや売却の際に便利な車買取一括査定サイトです・・・車買取一括査定サイト